タイムレスシステム

トピック

  • コラヴァンタイムレス ワイン保存システムの使い方
  • コラヴァンタイムレスシステムの仕組み
  • システム間の違い
  • システムのお手入れとクリーニング
  • 注ぐのが難しい
  • 漏れの問題
  • 差し込みと取り外しの難しさ
  • 泡と曇り
  • システムガスの問題

トップに戻る

コラヴァンタイムレス ワイン保存システムの使い方

A close up of a woman pouring red wine into a glass using a Coravin Wine Preservation System.

コラヴァンタイムレスワイン保存システムでワインを注ぐ方法


トップに戻る

コラヴァンタイムレスシステムの仕組み

コラヴァンワイン保存システムとは何ですか?

コラヴァンタイムレス ワイン保存システムを使用すると、コルクを抜かずにボトルからワインを注ぐことができます。一口すする、グラス1つ、またはそれ以上の分量であろうと、数週間、数ヶ月、または数年後ですら、常に、最後の一杯が最初の一杯と全く同じ美味しさになります。

コラヴァンは、ワイン愛好家がスクリューキャップで密封されたボトルを最大3ヶ月間楽しみ、保存できるようにする、スクリューキャップアクセサリーも開発しました。

コラヴァンタイムレスワイン保存システムの仕組みはどのようなものですか?

コラヴァンタイムレスワイン保存システムは、差し込む、傾ける、そして注ぐだけの使いやすさです。コラヴァンタイムレスシステムをボトルの上に置き、ニードルをコルク栓に押し込みます。コラヴァンタイムレス システムは、コルクで密封されたすべてのスチルワインに対応しています。開けたボトルから注いでいるときのように、ボトルを傾けます。トリガーを素早く押して、ボトルを加圧します。トリガーを放して、グラスに注ぎます。タイムレス イレブンの場合、傾けて、注ぐだけです。ボトルを元どおり真っ直ぐに戻し、注ぎを止めます。システムを真っ直ぐに引き抜いてニードルを取り外します。コルクが自然に再密封され、ワインを数週間、数ヶ月、あるいは数年でも守り続けます。

コラヴァンタイムレスシステムは、他のワイン保存方法とどのように異なりますか?

他のワイン保存システムでは、コルクを抜く必要があります。これにより、酸素がワインと混ざり合い、酸化のプロセスが始まります。コラヴァンタイムレスシステムは、コルクを外さずにワインを注ぐため、酸素がボトル内のワインに触れることはなく、数か月から数年にわたってワインを保存し続けることができます。
コラヴァンは、日常のワインの寿命を延ばすことができるピボット™ワイン保存システムもます。数日または数週間で完成する予定のボトルの場合、ピボットストッパーとデバイスの巧妙な組み合わせにより、残りのワインが最大4週間新鮮に保たれ、最後のグラスが最初のグラスと同じように素晴らしいになります。

コラヴァンタイムレス システムが実際に機能することを証明するため、どのようなテストが行われましたか?

コラヴァンではワイン専門家を対象に、コラヴァンタイムレスシステムでアクセス済みのボトルと同じケースの比較用ボトルのブラインドテイスティング・テストを定期的に実施しています。500人以上のワイン専門家がこれらの試飲会に参加しました。彼らはすでにアクセスしたボトルと、手つかずの比較対照群を区別することができませんでした。コラヴァン3年間ブラインドテイスティングの動画はここでご覧ください。現在、世界中の大手の飲食店は、そのバイザグラス・プログラムでコラヴァンタイムレスシステムに頼っています。

ワインはどれくらい持ちますか?

コラヴァンタイムレスシステムを正しく使用すれば、ボトル内のワインは、システムを使用しなかったときと同じように変化し続けます。


トップに戻る

システム間の違い

各コラヴァンタイムレスシステムの違いは何ですか?

どのコラヴァンタイムレスシステムも同じ特許技術を活用し、コルクを抜かずにグラスワインを注ぐことができます。あなたがワイン愛好家であろうと、ワイン専門家であろうと、ご自分にぴったりのコラヴァンタイムレスシステムがあります。システムを比較するには、この役に立つチャートを参照してください。

コラヴァンでは日常ワインの寿命を伸ばせるピボットワインシステムも用意しています。 数日または数週間かけて空けたいボトルがある場合、ピボットストッパーとデバイスの画期的な組み合わせによって、残りのワインを最大4週間保存でき、最後の一杯が最初の一杯と全く同じ美味しさになります。


トップに戻る

システムのお手入れとクリーニング

コラヴァンタイムレスシステムをクリーニングする必要がありますか?

はい。簡単な定期的クリーニングで、コラヴァンタイムレスシステムを最高の状態に保つことをおすすめします。

モデル1、モデル2、モデル3エリート、およびリミテッドエディションについては、ここをクリックして、お手入れの手順をご覧ください。

モデル3、モデル5、およびモデル6については、ここをクリックして、お手入れの手順をご覧ください。

モデル11については、ここをクリックして、お手入れの手順をご覧ください。

コラヴァンシステムを持って旅行できますか?

どのコラヴァンワイン保存システムも、コラヴァンカプセルを持ち込まなければ、空の旅が許可されます。ただし、コラヴァンアルゴンガスカプセルは米国運輸保安局(TSA)の規制により禁止されており、米国の空港を通過する場合は没収されます。規制は国によって異なります。

コラヴァンアルゴンガスカプセルは、ここで注文すると、目的地に直接発送できます。


トップに戻る

注ぐのが難しい

注ごうとしていますが、何も出てきません。どうすればいいですか?

ワインを注ぐのに問題があるかどうか、いくつかの項目で確認していきましょう。コラヴァンタイムレスシステムをボトルから取り外し、レバーを素早く押します。ガスが漏れている音が聞こえる場合は、ガスが入っていて、ニードルに詰まりはありません。つまり、問題は、コラヴァンシステムがボトルに完全に装着されておらず、ニードルが栓を貫通していなかった可能性があります。

レバーを素早く押してもガスが漏れない場合は、ガスがなくなっているか、ニードルにコルクの破片が詰まっている可能性があります。ニードルの詰まりをチェックするには、コラヴァンシステムのニードルのネジを緩めてから、もう一度レバーを素早く押してみます。ガスが出る音がする場合は、ニードルが小さなコルクの破片で詰まっている可能性が高いです。「ニードルの詰まりの解消」を参照するか、ここをクリックして、手順を説明する動画をご覧ください。

ニードルを取り外してもガスの音が聞こえない場合は、おそらくガスが切れていて、新しいコラヴァンカプセルが必要です。

これらの解決方法がいずれも機能しない場合は、カスタマーサービスにお問い合わせください。


トップに戻る

漏れの問題

コラヴァンタイムレスシステムで注いでいると、システムまたはコルクからワインが漏れていることに気付きました。なぜですか?

1. ニードルが緩んでいると、注ぐときに漏れや液だれが発生する可能性があります。ニードルがコラヴァンシステムにしっかりと取り付けられているか確認します。これを確認するには、ニードルのグリップを反時計回りに、回転しなくなるまで回してください。 

2. 以前にボトルにアクセスしたことがある場合、コルクが漏れる、最も可能性が高い理由は、合成コルク栓にコラヴァンタイムレスシステムを使用したことです。これによってコラヴァンニードルが損傷することはなく、ワインを注ぐこともできますが、コルクは再密封されず、時間の経過とともに酸化が発生します。合成コルク栓付きのボトルにアクセスした場合は、ボトルを直立させて保管してください。

3. 室温以下または冷やした、天然コルク付きボトルにアクセスしている場合、コルクの再密封には少し時間がかかります。これは、再密封の過程で酸素がボトルに入っているということではなく、ボトル内のアルゴンがまだワインを保護していることを意味します。

4. ボトルからシステムを取り外すときに、コラヴァンニードルに少量のワインの残りかすが、コルクとホイルの間に溜まっている可能性があります。この余分なワインは、コルクが完全に再密封されていても、ホイルの下から漏れることがあります。

5. 状態の悪い天然コルクのボトルにアクセスすると、完全に再密封されずに漏れる可能性があります。

注いだ後、ワインがコラヴァンやコルクの上から漏れていることに気づきました。なぜですか?

これは、ニードルと、コルク内をニードルが通る穴から入るワインの残りかすが、コルクの上部に溜まり、垂れることで起こります。これは正常な状況です。しかし、一定量のワインが流れているのが分かる場合、それは再密封されない合成コルクで瓶詰めされたワインであることを示しています。


トップに戻る

差し込みと取り外しの難しさ

コラヴァンタイムレスシステムがワインボトルに差し込み、取り外しがしにくくなっています。どうしたらいいですか?

時間の経過とともに、システムが栓に刺しにくくなる場合は、ニードルのコーティングが摩耗している可能性があります。摩耗や破損がないか、先端を点検します。フッ素樹脂加工コーティングがはがれ、黒でなく銀色の跡が残っていたら、新しいニードルが必要です。交換用のニードルはここから注文できます。


トップに戻る

泡と曇り

コラヴァンタイムレスシステムで注いでいるときに、なぜワインが泡立つように見えるのですか?

注ぎ口がボトルの底より低くなるようにボトルを傾けていること、そして、ボトルのニードルの先が常にワインに浸っていることを確認してください。ニードルの先がワインに浸っていないと、アルゴンとワインの混合物がボトルから流れ出し、過度の泡が発生します。うまく注ぐためには、グラスの内側の端に沿って注ぎます。これにより、ワインのしぶきや泡が減ります。

コラヴァンタイムレスシステムで注ぐと、ボトルの中が少し曇って見えることがあります。なぜこうなるのですか?

注ぎ終わってボトルを真っすぐに戻すと、ボトルの内側が高圧から低圧になるため、曇ってすぐに消えます。これは正常であり、残りのワインには影響しません。


トップに戻る

システムガスの問題

私のコラヴァンタイムレスシステムは、ガスをそれほど長く保持していないようです。どうすればいいですか?

カプセルカップをできるだけ早くしっかりとシステムに締めていることを確認してください。カップをしっかりとねじらないと、完全に密閉できず、アルゴンガスがコラヴァンシステムから流出する可能性があります。

また、注入に必要なガスのみを使用するようにしてください。 注を終了してボトルを直立位置に戻したときに、ガスが長時間放出されるのが聞こえた場合は、注入にガスを使いすぎた可能性があります。ガスはただ空気中に放出され、無駄になります。注ぐ最後に、何かを聞いたとしても、わずかな「psst」のガスしか聞こえないはずです。トリガーを数回短く押して、注入を制御し、ガスを最適化することをお勧めします。