IMG Homepage Hero-coravin-lineup

ライフスタイル

どのコラヴァンを購入すべきか?その理由は?

1月 05, 2022

Written By Brielle Buckler

あなたはワインのボトルを開けて、その日のうちに全部飲まずに、残りは明日の夜に飲もうと思う意志の強い方でしょうか。それとも、ボトルを開けたら、毎回最後の一滴まで飲み干す方でしょうか。あるいは、私と同じく、全く優柔不断で、ペアリングに常に興味があり、常に新しいボトルを開けて新しいワインを試してみたいと思っているかもしれません。「あの娘と仲良くなれたらなぁ」などと考えている方は、これを読んで正解です。「開けた」ボトルの数がどれほど多くなろうとも、どうすればワインを保存して飲むことができるか、これからお話しましょう。

私はコラヴァンの大ファンです。これらの便利な小型装置により、ボトルを開けたら無駄にするのではないかと心配することなく、ワインに情熱を注ぐことができます。私はコラヴァンモデルの全ラインナップ(タイムレス、ピボット、スパークリング)を持っています。それぞれを次のような目的で使用しています。

1. コラヴァンタイムレス

コラヴァンタイムレスは、何度か改良された初代ニードル装置であり、長期間に渡るワインの試飲やボトルのサンプリングの場面で頼られるシステムです。このシステムで導入されたテクノロジーは、貯蔵ワインをサンプリングするワイナリー、バイザグラスのメニュー拡大をしたいレストラン、セラーから出して味わいたいコレクターにとって革新的なものでした。それを可能にするのが、非くり抜き式のスリムなニードルでコルクを突き刺すこと、そして無くなったワインを、飲んだ分量だけ、密封された交換式カプセルからの中性アルゴンガスと交換することです。ニードルを引き抜いてコルクを通常の形に戻し、次に飲みたいと思う時まで、ボトルをワイン冷蔵庫かセラーに戻して寝かせます。

私はタイムレス6を使用して、毎年毎年ワインの熟成具合を味わったり(現在はウィラメットバレー産ピノ・ノワールの完璧な一口を探ろうとしています)、複数のワインを比較して自分の料理(またはネットで出前注文した料理)とどれが合うかを考えるのが好きです。ただし、コラヴァンタイムレスを使用して、週1回のペースでZoomで配信するバーチャルワインテイスティング用に3~5本のボトルを味わうために使うことが一番多いでしょう。

このタイムレス6は私のビジネスを根本的に変え、クライアントが試してみたいボトルをいつでも手元に置いておけるようになりました。タイムレス6を購入する前は、テイスティングのたびにフルボトルを繰り返し購入して開栓していましたので、中小企業のViva la Vinoがバーチャルテイスティングで収益を上げるのは非常に難しくなっていました。現在、コラヴァンで開栓したボトルを数本手元に置いて、1ヶ月間テイスティングに使用しています。通常私は、残りがグラス一杯程度になったら、栓をポンと開けるか、コルクを抜いてボトルを終わらせます。

2. コラヴァンピボット

ピボットというと、ドラマ『フレンズ』でロスとレイチェルがソファを階段の上に運べなかったシーンを思い起こしますが、このピボットは決して難しくありません。このコラヴァンシステムの仕組みは、次のように至って簡単です。

1. 通常の方法でボトルを開け、すぐにピボットストッパーを差し込む
2. ピボットを差し込む
3. ボトルを45°に傾ける
4. ボタンをそっと押して注ぐ
5. ボトルを直立させ、ピボットを取り外し、ストッパーを閉じる

ストッパーは自動密封し、先程説明したコラヴァン タイムレスと同じ中性アルゴンガスが注入され、それによってワインをニードルより太いチューブから直接注げるようになります。

では、この使用例は何でしょう?平日夜のワインです。私とパートナーは何を飲みたいかで意見が分かれることがよくあります。妥協して相手に合わせたこともありましたが、開封した2本のボトルを数日以内に空けられずにワインを無駄することがあまりにも多すぎました。今では、ピボットストッパーを付けてカウンターまたは冷蔵庫で「今週のボトル」を数本開けることができ、ピボットを酒樽の蛇口のように便利に使用して必要な分だけ注ぎ、残りは保存して後で飲むことができます。

最も良い点は、持っているピボットストッパーと同じ数のボトルを「開ける」ことができることです。みんなが帰った後、自分ですべて空にする必要なしに、ゲストの様々な味覚に合わせて数本のボトルを開けることができるのですから、これは人々を集めるのにも最適です(それができた古き良き時代を覚えていますか?)。

我が家では通常、ピボットで開封したボトルは約1週間で空けてしまいますが、コラヴァンの専門家(注:これをテストできる十分な忍耐力のある人)は、ピボットを使用するとワインを最大4週間(!)も新鮮に保てることを確認しています 。$99の、ワインを愛する友人への贈り物に最適なシステムです。

3. コラヴァンスパークリング

スパークリングは飲み終わる前に気が抜けてしまうから、と開けるのをためらっていませんか?もう大丈夫です!私も銀のスプーンやスパークリング用ボトルストッパーを使ったり、単に古いコルクで蓋をして針金で固定したり、従来の裏技はすべて試しました。でもこれらの対策のどれもが、実際には翌日ワインの味が落ちないということはなく、数週間後は言うまでもありません。

私は泡とスパークリングのペアリングや、プロセッコのカクテルで週末を祝ったりするのが大好きですが、パートナーは泡の大ファンではないので、私は一人で高すぎるミニボトルを購入するか、半分以上が無駄になっても、それほど痛くない低価格の泡で済ませるかになります。

入力欄に:コラヴァン スパークリング ワイン保存システム と記入します。この小さな数字は、泡を少しだけ自分用に注いだり、いくつかの生産様式(例えば、プロセッコ対カバ対セクト)を並べて比較したりするのに最適です。特に、私しか泡が欲しくないときでも、このデバイスを使用して好きなだけ飲めるのが最高です。

これらのコラヴァンシステムはどれも素晴らしい贈り物になります。これで、ワインを愛する友人にとって最高のシステムがどれかお分かりいただけたでしょう。しかし、ついでに、自分用に1つ選ぶのが良いでしょう。

Viva la Vino(Instagramアカウントは @vivalavino_nyc)の創設者であるブリーレ・バックラー(女性)は、珍しい品種を愛するワイン愛好家で、ワインの神話を打ち破り、ワインの世界をより親しみやすいものにしています。ブリーレは通常、ニューヨーク地域に拠点を置いていますが、過去1年間は車で米国内を旅行し、路上からバーチャルワインテイスティングを主催していました(レンガの背景をチェックしてください - 彼女が使っている背景です!)。Viva la Vinoの哲学は、ワインは気に入ったならばそれで良いということです。ブリーレは、あらゆるレベルのワイン愛好家に自分の好むワインの性質は何か、そしてそれはなぜかを理解してもらうことに情熱を注いでいます。自信を持ってレストランでワインを注文したり、ワインショップでおすすめを尋ねたりできるように手助けしたいと考えています。ブリーレは現在WSET II資格を取得していますが、コロナの行動制限が解除されたら、WSET IIIを受験する機会を待っています。