Open-Oysters-with-lemon,-bread,-butter-and-champagne-695621876 1416x2125

Wine 101

Sparkling Wine 101:知識とペアリング

7月 28, 2021

Written By コラヴァン

コラヴァンスパークリング(2021年夏の終わりに発売)により、私たちはスパークリングワインを含む、世界のあらゆるワイン体験を変えようと計画しています。コラヴァンスパークリング™ ワイン保存システムは、お気に入りのスパークリングワインのクリスプなフレーバーや泡立ちを、最大2週間まで保存し、タイムレスやピボットと同じように、最後の一杯が最初の一杯と全く同じ美味しさになります。

スパークリングワインが初めての方は、この記事をガイドにしてください。スパークリングワインが特別な理由、スパークリングワインのボトルの開け方、スパークリングワインと食べ物のペアリングについて説明します。

スパークリングワインとは

スパークリングワインは炭酸が含まれ、通常、少量の砂糖が添加されています。炭酸化はワインのコクを減少させます。そのため、スパークリングワインは通常、軽くてさわやかなので、重くて脂肪の多い食品とよく合います(詳細は後で説明します)。古典的なスパークリング品種には、プロセッコ(イタリア)、カヴァ(スペイン)、クレマン(フランス)、シャンパン(フランス)、リースリングゼクト(ドイツ/オーストリア)、フランチャコルタ(イタリア)があります。ランブルスコのようなスパークリングロゼやスパークリングレッドもあります。

砂糖に関して言えば、スパークリングワインは通常、濃縮されたグレープマストを追加します。これは、圧搾されたブドウから得られる天然成分です。ラベルには、次のように甘さのレベルが示されています。

  • ブリュトナチュレ:ボーンドライ、1リットルあたり0~3グラムの砂糖

  • エクストラブリュット:ボーンドライ、0~6 g/L

  • ブリュット:ボーンドライ、0~12 g/L

  • エクストラドライ:ドライ、12~17 g/L

  • ドライ:オフドライ、17~32 g/L

  • ドゥミセック:スイート、32~50 g/L

  • ドゥ:ヴェリースイート、50+ g/L

その他注目すべきスパークリングワインの決まり事は次のとおりです。

  • 給仕順序:テイスティングの最初

  • 温度:38~45°F (3~7°C)

  • 製造方法:スパークリングワインには2回の発酵が必要です。2回目の発酵には、酵母と砂糖を入れ、炭酸を生成します。

スパークリングワインの開け方

そろそろ味わう時間?スパークリングワインボトルの栓は、お気に入りのスチルワインとは少し異なることにお気付きでしょう。コルクは通常、留め金(ワイヤー)で覆われ、ホイルに包まれています。プロセッコ、シャンパン、またはその他のスパークリングワインの開け方:

  1. スパークリングワインのコルク栓に被さるホイルをはがします。

  2. コルクを覆っているワイヤーケージを完全にほどいて緩めます。取り外すか、握りやすいようにそのままにしておきます。

  3. 片方の手でコルクとケージをしっかりと握り、もう片方の手でボトルの底をつかんで、45°に傾けます。ボトルを行きつ戻りつ、ひねり始めます。コルクがゆっくりと押し出されるように、しっかり握ります。

  4. コルクからゆっくりと手を放すと、あの微かな「ポン」という音(そしてあなたの「ワー!」という歓声)が聞こえます。

  5. ワインを注ぎ、コラヴァン スパークリングを手に取ったら、保管する準備ができていれば、ボトルに炭酸をチャージします。

ボトルを終わらせない場合は、開封後のスパークリングワインの保存期間を知ることが重要です。シャンパンとカヴァは、スパークリングワインストッパーを付けると冷蔵庫で1~3日間持ちます。プロセッコやその他のより腐りやすいスパークリングワインは長持ちしないため、開けたボトルは家族や友人とシェアする計画を立ててください。

スパークリングワインを保存する最良の方法が、コラヴァンスパークリングです。既にご予約済みならば、いつ入手できるかご確認ください。

21-08-How-To-Open-Sparkling-Wine-Infographic-Banner

スパークリングワイン用ワイングラス

スパークリング用のワイングラスを選ぶときは、薄くて背が高いほど良いです。そうすると空気に触れる表面積ができるだけ最小化され、気が抜けにくくなります。スパークリングワインの旅を続けると、スパークリングワインがクープグラスで出されるのを目にすることがありますが、これは純粋に審美的なものです。また、プロセッコのような濃厚なワインやフルーティーなワインは、チューリップグラスで提供されるのが一般的です。

スパークリングワインやシャンパンと料理のペアリング

スパークリングワインの開け方がわかったところで、料理のペアリングについて話しましょう。最も悪名高いシャンパンと料理のペアリングは、シャンパンとフライドチキンです。では、次を読んで理解してください。シャンパンは揚げ物の脂っこさをカットするのに最適なワインですが、それだけではありません。スパークリングワインは、多くのチーズ、タンパク質、および適量の野菜とよく合います。

  • スパークリングワインとチーズ:塩漬けチーズ(フェタ、コティヤ、ハロウミ)、サワーチーズ(サワークリーム、リコッタ、シェブル)、発酵チーズ(ブリー、カマンベール)、ナッツチーズ(グリュエール、モザレラ、プロボロン)、ドライウマミチーズ(パルメザン、ペコリーノ、マンチェゴ、アジアーゴ)

  • スパークリングワイン向けのたんぱく質:アサリ、カキ、ホタテ、甲殻類、塩漬け肉

  • スパークリングワインと野菜のペアリング:ニンジン、カブ、パンプキン、カボチャ、山芋

特定のスパークリングワインと組み合わせる、より具体的な料理をお探しですか?では、いくつかアイデアを以下に示しましょう。

  • カヴァとスパニッシュタパス、パエリア、またはメキシコ料理

  • シャンパンと揚げ物、またはロブスターやバターパスタのようなバター状の柔らかい食感の料理

  • クレマンとシーフードフライ、または特定のソフトチーズ 

  • フランチャコルタと、ソフトチーズ、塩味のナッツ、ドライフルーツなど、最も印象的なベジタリアンシャルキュトリーのスプレッド(塗る食材)

  • プロセッコとイタリアンの塩漬け肉と前菜

  • リースリングゼクトとシーフード主体のアジア料理

スパークリングワインに乾杯しましょう。