IMG Sparkling pour J winery GS LR

Wine 101

コラヴァンスパークリング™️スパークリングワイン保存システムの威力

12月 13, 2021

Written By チャシティ・クーパー(Chasity Cooper)

ポン。シュー。チリン。スパークリングワインのボトルを開けることは、それがお祝いであろうと、長い一日の後の単なるくつろぎであろうと、すぐさま喜びを感じられる特別なセレモニーです。

しかし、ボトル全体を一度に終わらせないとどうなりますか?確かに、シャンパンストッパーがあり、もちろん、ボトルのネック部分にスプーンの柄を差し込む信頼できる裏技がありますが、これらの方法では、ワインの持続時間は1日、最大でもおそらく2日です。

幸いなことに、お気に入りのスパークリングワインの寿命を延ばせる特別な保存システムをコラヴァンが作ってくれました。クレマンやカヴァからプロセッコ、ランブルスコ、シャンパンまで、スパークリングワイン用のコラヴァンは、お気に入りのボトルの泡立ちを最大4週間維持するように設計されています

スパークリングワイン愛好家として、自分の開けたボトルがカウンタートップにうっかり残った瞬間を何度も経験し、翌朝は気の抜けたレモンライムの炭酸をやむを得ず味わってきました。そのため、コラヴァン スパークリングシステムを最初に受け取ったとき、私は恍惚としていましたが懐疑的で、時間をかけてテストしました。「最後の一杯が最初の一杯と全く同じ美味しさ」という保証がありますが、「このデバイスに隠されたマジックは何だろう?」としか思えませんでした。 ついに勇気を出して美しいパッケージを開けると、1つのコラヴァンスパークリング™️チャージャー、2つのコラヴァンスパークリング™️ストッパー、4つのコラヴァンピュア™スパークリングCO2カプセルがありました。やり残したことが1つだけ…ボトルをポンと開けます!

私の行った実験では、2つの異なるタイプのスパークリングワインを選択しました。ダル・ベロ(Dal Bello)による2020 Asolo Prosecco Superiore DOCG Millesimato Extra Dryと、2008 La Grande Dame Veuve Clicquot Champagneです。どちらのスパークリングワインも2回の発酵を経ていますが、プロセッコはグレラ産ブドウで作られた若いヴィンテージであり、両方とも発酵はスチール製タンクで行われ、精製はボトル内で30日間行われます。一方、ピノノワール92%とシャルドネ8%のブレンドであるシャンパーニュは、伝統的な方法で作られています。つまり、最初の発酵は大きなタンクで行われ、2回目の発酵はボトル内で行われます。

コラヴァンをスパークリングワインシステムに使用することは、最初は少し怖いと思うかもしれませんが、マニュアルを注意深く読み、カプセルをスパークリングチャージャーに取り付けた後は思い切り楽しむ準備ができていました。

選択したスパークリングワインのストッパーを固定する前に強くお勧めしたいことは、それらを試飲して、多少メモをとることで、そうすると最初に開封した時はどのような味か確認でき、数日(または数週間!)後に再び出して振り返りの比較テイスティングができます。

Chasity Video about Sparkling System

コラヴァンスパークリング™️スパークリングワイン保存システムのレビュー

私の場合、7日後に再びボトルを出しましたが、どちらも信じられないほど新鮮な味でした!プロセッコは、タルトグリーンアップル、洋ナシ、アプリコットの酸味のあるフレーバーがありました。シャンパンは、トーストしたブリオッシュ、アーモンドとヘーゼルナッツのナッツ感、アプリコットやイチジクなどのドライフルーツの香りが誇らしげでした。13年もののシャンパンなので、大胆で風味豊かでしたが、それでもレモンと洋ナシの、気分の高揚するフレッシュなフレーバーでした。

スパークリングチャージャーでボトルを再密封しましたが、人生にはありがちで、さらに2週間が過ぎます。二度目にボトルを開けたとき、確かに、これはボトルの気が抜けているか、冷蔵庫にあった多くの食べ物をすべて吸収している頃だろうと私は思っていましたよね?

間違いでした!グラスに注ぐとすぐに、ワインの味がどれほど新鮮かという不安はすっかり消えてなくなりました。プロセッコ?まだまだグリーンフルーツのフレッシュさに溢れ、ボトルを初めて開けたような味わいでした。シャンパンは私の記憶と違わぬエレガントさでした。最初の一口を説明しなければならないとすれば、シーズン初の降雪に足を踏み入れる瞬間を思い出します。サラサラでパリッとしているので独特の深さになり、止められなくなります。全体として、スパークリングワインでのコラヴァン体験は素晴らしく、近い将来、ランブルスコ、スプマンテ、クレマンのボトルで使用する日が待ち遠しいです。

InstagramTwitterでChasity Copperをフォローしてから、ニュースレターWine with Chasを購読してください。Coravin.comでチャシティが執筆した他の記事については、ワイン界のサステナビリティに影響を与える女性に関する記事をお読みください。