IMG Header-Hero-4Cs

Wine 101

最高のワイン保存のためのコラヴァンの4つのC:Closure(栓)、Clear(クリア)、Clean(クリーン)、Cellar(保管)

7月 14, 2021

Written By コラヴァン

コラヴィンワイン保存システムは耐久性に優れた作りで、ワイン愛好家のコレクション拡大の後押しとなり、ワイン鑑定家は腐るリスクを心配せずに自信を持ってセラーからテイスティングができます。どのようなレベルのワイン愛好家の方であっても、コラヴァンはお客様のワイン飲酒体験を念頭に開発されました。

コラヴァンニードルとカプセルの交換が時々必要なことを除けば、システムの残りの部分は、適切にお手入れされる限り、何杯でも赤、白、ロゼのグラスを注げるくらい、長持ちするはずです。

そこで、コラヴァンワイン保存システムを確実に管理できるよう、Closure(栓)、Clear(クリア)、Clean(クリーン)、Cellar(保管)からなる「4C」を作成しました。簡単に言えば、これらは以下を意味します。

  • のタイプに注意する

  • 毎回使用する前にシステムをクリアする

  • 毎回使用した後にシステムをクリーニングする

  • セラーまたはワイン貯蔵システムに適切に保管する

さらに深く掘り下げていきましょう。

コラヴァンはどんなコルクにも対応しますか?

コラヴァンタイムレスワイン保存システムを使用するたびに、ニードルがコルク栓またはスクリューキャップ式栓を貫通し、傾けて押すだけの簡単さでワインが注げます。重要なのは、ワインの栓天然コルク、凝集コルク、マルチピースコルク、またはツイントップコルクのいずれかであることです。合成コルクは独りでに再密封することはありません。最後に、ワックスシールに注意してください。層が薄ければ使用に影響を与えませんが、層が厚いとワインへのアクセスを妨げる可能性があります。不安があれば、スクリューキャップ式の栓を使用してください。

なぜコラヴァンシステムをクリアする必要があるのですか?

毎回使用する前に(または夜の始まりに)、トリガーをすばやく押して、システムに残留物が残っている場合に備えてシステムをクリア(オリ抜き)することをおすすめします。短く押すだけで十分です。また、カプセルにアルゴンガスが残っているかどうかを確認するのにも最適です。

ワインチューブと注ぎ口はタイムレスシステムよりも幅が広いため、コラヴァンピボットをクリアする必要はありません。

コラヴァンワイン保存システムのクリーニング方法

タイムレスとピボット、各コラヴァンシステムのクリーニングは非常に簡単です。毎回の使用後に(または夜の終わりに)、システムを温水ですすぎ、布で乾かすことをおすすめします。すすぐには、コラヴァンの注ぎ口を温水の出る蛇口の下に置き、温水を流します。ニードルをすすぎ、システムを軽くたたいて乾かします。

コラヴァン使用後のワインの保管方法

最後のCはセラーという意味です。豪華なワインセラーを持っているかどうかは重要ではありません。ワインを未開封のように保管し、永遠に持たせたいとお考えならば、冷暗所で寝かせてください。壊れやすいコルクや冷たいコルク(冷やされたワイン)の場合は、ボトルを直立させたまま数分間置き、収納する前に再密封できるようにします。

そして、これでClosure(栓)、Clear(クリア)、Clean(クリーン)、Cellar(保管)が完結します。システムのお手入れを忘れずに、コラヴァンクルーの皆さん!

Coravin Model Six Wine Preservation System under a running faucet

コラヴァンの4つのC